マイクリ商人として生きる

今日も寒いし、布団に入ったまま誰か会社まで運んでくれないかなって思っているチップウィルソンです。

布団のままで運ばれても仕事する気にならんよね。

結果仕事休みにならんかなって結論に至る。

どうも私はサボリーマンの鑑のようです。

※特に攻略でもなんでもない記事だよ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




マイクリで自分なりの遊び方を見出す

前の話しになりますが、RedとBlueのデュエルがありBlueに参戦しました。

その際に気付かされたというか、うっすらとは気付いていたんですが自分の資産形成だとちょっと太刀打ちできないと…

そこで少し気持ちがチーンとなったわけです。

じゃあどうするのか…


・増資して戦力増強
・引退
・抜本的な遊び方の見直しノートテキスト

この3択が浮かび上がりました。


1つ目:増資して戦力増強
個人資産を見直した結果…
まぁ…
ねぇ……
って結果です。
仮に資産に余裕があって増資できたとしてもしなかったです。
理由としては3つ
①資金力勝負だと勝てない相手が多数いる
②戦力分析能力不足(苦手とまではいかないが得意でもない)
③上位入賞時のリターン

2つ目:引退
ない!!
今引退したらさみしい!!!


3つ目:抜本的な遊び方の見直し
できる範囲でPvPの上位を目指して遊ぶのか、マイペースにエクステンションのマイニング、エクステンション・ヒーローの販売差益で稼いで遊ぶ。
現状の遊び方は上記ぐらいでしょうか?
その中から自分らしい遊び方を見直します。


みなさんならどうしますか?

界隈のレジェンド根本さんなら①でしょうね。

②を選ぶ人はたぶんマイクリにそこまで興味なく、期待してない人でしょうね。

マイクリに期待してるし、界隈の盛り上がりについていきたい私の場合は③を選ぶしかないですね。

マイクリ商人として生きる

ルワンダで根本さん(写真左)にエクステンション売った時の写真

みなさん自分なりの遊び方考えたことあります?

自分は今までは無課金でいくか?課金するか?ぐらいしか考えたことなかったです。

ソシャゲやってると今でもそんな感じですけど(それしかないと言った方がいいかな)

PvPに魅力を見いだせなかった自分は、ヒーローやエクステンションの個人間売買で商人として生きていくという選択肢を選択することに。

これって地味にすごくないですか??

ブロックチェーンゲーム特有の遊び方ですね。

ヒーロー・エクステンションの整理

そこではじめにおこなったのがヒーローとエクステンションの整理。

整理する際条件を設定しました。

・Lv60orLv40ノードを攻略できる最低限のPTが組める
・クエスト回数制限50回を回せるヒーロー数・Lv60orLv40ノードを攻略できる最低限のPTが組める ・クエスト回数制限50回を回せるヒーロー数ノートテキスト

上記条件さえ揃えば運良ければレジェは手に入るし、エピックも狙える。

商人としてやっていく最低限の条件。

これにより現状の手持ちで不要と思われるEpicヒーローを2体売却・Epicエクステンションも売りに出しています。

今のエクステンションとヒーローを見ている限り最終ヒーローはどれでも大丈夫で・エクステンションはuncommonぐらいで回れる予定。

Rare未満はゴミ?いえ!ダイヤの原石です

マイクリ運営さんが実際にウィズダムリングを作成している様子

BabyDoragonの参加資格の件もあり、Rare未満は不要とおっしゃっている方々いらっしゃるようですが…

実はRareとUncommonの性能って大差ないんです。
※ちなみにEpicからはバフ・デバフが付いたりするので別格。

その差がないエクステンションの価格は雲泥の差があるんですね!!

恐ろしいですね!!!

PvPで少しでも上位を狙いたい方はRareを購入すればいいでしょうが、そうでない人はUncommonで十分。

ここ重要!!

いずれユーザーが増えてライト層が増えてくると需要が増えるのはギリギリnodeを回れる安価なUncommonである。

Rareの発掘数が少ない以上Rareの価値が下がらないということは?

わかるよね??

Uncommonの需要が高まると次は…

わかるよね??

Uncommonの値段が上がると次は…

わかるよね??

注意:全て推測でありマイクリのユーザーが増え続けることが前提である。

まとめ

何が言いたいかというとわかりません!!

が、いろいろな遊び方があるよってこと。

商人としての立ち回りなどお役にたちそうなことが見いだせたら記事にするかもしれないし、CrazyChain内でのみ共有するかも…

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする